FC2ブログ
 

麹町歌会

20071219014235.jpg

 12月18日(火曜日)晴れるも寒し>
 久しぶりに麹町歌会へ出る。四谷から乗ったタクシーにちょっとしたトラブルがあって、小生は途中から参加、柳瀬丈子さんの名朗読を聞き漏らしたのは残念だった。久しぶりに福岡から寺本一川さんが参加され、充実した歌会となる。今回は閉会後に忘年会を予定していたので自由詠のみ。秀歌続出で、なんと一席が3人も出た。
 【同点一席】 小田明子
  土釜で炊いたおこげ
  生醤油で
  「の」の字を書いて
  そっとはがす
  しあわせな瞬間

  【同 上】 寺本一川
   そこに在るべき
   一点を
   置く
   朱の意志が
   昇華してゆく

  【同 上】 史緒 
   君にあげよう
   檸檬をあげよう
   それは時限爆弾
   切ない想いが
   破裂する 

 柳瀬丈子さんから、お父上である故宝井馬琴丈遺愛の筆3本をいただく。無形文化財の近江の十四世・雲平作の「瑞雲」など銘筆ばかり。硯筆のコレクターである小生にとっては、いずれも垂涎の筆である。柳瀬さん、有難う。

          (写真は宝井馬琴丈遺愛の筆)
  
スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 01:44 |  日記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター