FC2ブログ
 

諸葛孔明の遺書

孔明


大公堂


 2日間に亘って孔明のことを書いてきたので、その最期についても触れないわけにはいくまい。うんざりした顔をしないで貰いたい。今日は簡略に済ます(つもりである)。

 建興12年(西暦236年)諸葛亮・孔明は五丈原で司馬懿・仲達率いる魏の大軍と対峙する最前線に在った。睨み合いも半年を経た秋、胃を病んでいた彼は己の死を察して後帝劉禅に書を送る。「臨終の遺表」である。これを紹介して彼の最期の思いを伝えたいが、止めておく。遺書は彼自身が国家への忠誠心だけで生き、何の野心も持たなかった事を強調して最後に、一族の安寧を「陛下に伏して願い上げ奉る」と結んでいる。人間的と言えば人間的だが、勇猛知略の英雄 諸葛孔明の最期の言葉としてはあまりにも寂しい。しかし、この書のお陰で子孫は領土を安堵された。
 浙江省蘭渓市には、今も孔明の子孫が暮らす "諸葛鎮”という村がある。実は昨年の中国旅行で魯迅の旧跡を訪ねたついでに此処にも寄る予定だったが果たせなかった。ヘンに油臭い中国料理が食べられずスイカばかり食べていて体調を崩してしまった。従って以下の文章は資料からの請売りであることをお断りしておく。

 諸葛鎮では人口5,000人のうち8割が諸葛姓を名乗っている(そうだ)。今、諸葛鎮には孔明以来、約50世代の人々が住んでいて、目上の人を敬う伝統が今も受け継がれているという。その指針となっているのが孔明が子孫に残した家訓という「誡子書」で、"武”と"忠”の文字が大きく書かれた大公堂に掲げられている。こちらはなかなか格調がたかいものだから、全文を紹介しておきたい。

【原文】
「夫君子之行、静以修身、倹以養徳。非澹泊無以明志、非寧静無以致遠。
夫学須静也、才須学也。非学無以広才、非志無以成学。滔慢則不能励精、険躁則不能治性。年与時馳、意与日去、遂成枯落、多不接世。悲窮盧守、将復何及。」

【読み方】
「それ君子の行いは、静以て身を修め、倹以て徳を養う。
澹泊にあらざれば、以て志を明らかにすることなく、
寧静にあらざれば、以て遠きを致すことなし。
それ学は須く静なるべく、才は須く学ぶべし。
学ぶにあらざれば、以て才を広むるなく、志あるにあらざれば以て学を成すなし。
滔慢なれば則ち精を励ますこと能わず、険躁なれば則ち性を治むること能わず。
年は時と与に馳せ、意は日と与に去り、遂に枯落を成し、多く世に接せず。
窮盧を悲しみ守るも、将た復た何ぞ及ばん。」

【意味】
「人の上に立つ者となるべき行いは、じっくりと構えて自分を練磨し、
何事にもよらず控えめに振舞い、人の模範となる行動を身につけることである。
無欲でなければ、大志を抱き続けることはできないし、
また、じっくり構えなければ、大きな仕事は成し遂げられないものだ。
じっくり構えるだけで、自分を磨く努力を怠ったのでは、能力を高めることもできないし、
大志を失ったのでは、自分を磨く努力を継続できない。
人を見下す気持ちがあったのでは、自分を奮い立たせることもできないし、
心に落ち着きが無ければ、性格も浮ついてくる。
時が経つのは早く、あっという間に歳をとる。
それとともに気力・体力ともに衰えて、世の中の関わりも少なくなっていく。
そうなってから慌てても、どうにもならない。」

 簡潔にと言いながら今日も長々と書いてしまった。私の悪いクセである。以前、何かといえば「忠臣蔵』を持ち出す男を嗤って恨みをかったことがあるが、省みて自分もその轍を踏んでいるような気がして気分が悪くなった。この辺で筆を擱こう。

(上の写真は諸葛鎮に在る孔明像。全国に数ある孔明像のなかで、これだけは珍しく彩色されていないが、最も彼の実像に近いと伝えられている。下は「誡子書」が納められた諸葛鎮の大公堂。入り口に掲げられた2つの文字、「武」は軍師の能力を、「忠」は主君への忠義を現す。この2文字はまさしく孔明の生涯を象徴するもの。この大公堂には試験に合格し官僚となった歴代の村人の額が飾られている。貧しくとも学問によって身を立て、世のため人のために尽くす。それが孔明が諸葛鎮の人達に伝えてきた教えなのである。)
スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 07:06 |  日記 |  comment (4)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター