FC2ブログ
 

トマト

慶応 004


慶応 008


慶応 012


  トマト生(あ)ると一行記す日記かな (杜)

 近ごろ野菜が美味しくない。たとえばトマト。フルーツトマトとか、イチゴの形をしたミニトマトなどが出回っている。僕にとって、あれはトマトではない。研ぎの悪い包丁など撥ね返しそうな硬い皮、ガブリと噛み付くと青臭い香りが迸るヤツ。それがトマトだ。が、今どきそんなトマトなど、どこを探しても無い。トマトの蔕(ヘタ)を指で擂り潰し、幽かな青臭さに臭覚の郷愁を慰める日々であった。
 ある日、コープでミニトマトの種を見つけて、空き箱に蒔いてみた。10日過ぎても半月経っても発芽しない。もう1袋買ってきて蒔いた。5月になって二つの箱から、にょきにょきと芽が出てきた。春寒が続いて発芽が遅れたらしい。一旦顔を出した芽は成長が速い。空き鉢を集め、足りない分は買い足す。3年前まで菜園をやっていたからノウハウはある。苦土石灰で中和した土に腐葉土、牛糞、骨粉を混ぜて本植えする。10日も経つとヴェランダは完全にトマトのジャングルと化した。このままでは日照も侭ならない。家政婦さん夫婦に三拝九拝して数鉢を引き取って貰い、近くの友人にもトマトの「里親」をお願いした。残った苗は15本。ところが苗はどんどん生長する。せっかく2度咲きしてくれたシクラメン、花の終わった野生ラン、山野草などを物干場や室内に移してスペースをつくる。

 他の花たちを追い出したトマトくん、少しハネを伸ばし過ぎたようだ。節間が空き過ぎて徒長気味だ。肥料を遣りすぎたらしい。思い切って下葉を剪定して腋芽を伸ばす。これが成功して6月に入って花を付け始めた。
 今朝、枝陰に数個の宝石を見つけた。未だ大豆ほどの大きさ。でも緑に輝く小さな実は、私にとっては大げさでなく宝石そのものだ。あと10日もすれば、自分で育てたトマトを口にすることが出来る…いま、そうは思わない。おそらく、このトマトたちが熟して木を離れるのを眺めることになるだろう。

  (写真:生まれたばかりのトマトと、窓際に追いやられた野生ランとシクラメン)


スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 20:07 |  日記 |  comment (2)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター