FC2ブログ
 

季節のことばー蟻地獄ー

アリジゴク


アリジゴク1


ウスバカゲロウ1


 狂言「二千石(じせんせき)」の中に「昔が今に至るまで親に似ぬ子は鬼子じゃと言わぬか」という台詞がある。また「不肖の子」という慣用句は親に肖(似)ていない出来の悪い子という意味である。ところが最近の子どもは中学生くらいになると背丈も親をぐんぐん追い越して、これが親子かと思うような例が多い。こういうのは「鳶が鷹を産む」というのであろう。英語では何と言うのだろうか。A black hen lays a white egg.(黒い雌鶏が白い卵を産む)…ちょっと意味が違うかな。

 自然界で親子の姿が違うのはサナギから羽化する蝶、蜂、蛾の仲間である。青虫が蛹になり、やがて羽化するメタモルフォーゼは神秘そのもの。中でも親子のイメージが最も違うのはアリジゴク(蟻地獄)ではないだろうか。

    円錐に
    閑けさ湛える
    蟻地獄
    陥れるものも
    時に美しく

 子どものころ、擂鉢型の巣を掘り起こすと頑丈なアゴを持ったアリジゴクが出てきた。アリが付くからアリの仲間と思っていたが高学年になって、巣の中に落ちてくるアリなどの小さな生き物を大きなアゴで捕まえ、獲物の体に消化液を注入して筋肉や内蔵を溶かして食べる獰猛な生態を知り、「蟻地獄」の意味を理解した。

    罠で待つものの静けさ蟻地獄 (杜)

 これがウスバカゲロウの幼虫であることは、更に学年が進んでからだった。ウスバカゲロウを漢字で書くと薄羽蜉蝣となる。高校時代、生物の時間に漢字で書けと言われ、薄馬鹿下郎と書いたやつがいた。動植物名は片仮名で書くのがスタンダードになっているが、漢字なら羽の薄い蜻蛉のようなものというイメージは湧く。少なくとも薄馬鹿~とは思わないだろう。しかし片仮名表記にも理由はある。例えばクヌギをを漢字で書こうとすると「櫟」、「椚」、「橡」、「櫪」と様々な表記があり、どれを遣っていいか判らなくなる。まあ、片仮名を原則にしてカッコ付で漢字を示すのが適当であろう。(閑話休題)

 このウスバカゲロウ、薄い羽をひらひらさせて飛ぶ様子はいかにも弱々しく、「カゲロウのように儚い命」などのように短命の象徴として遣われる。その姿から罠に落ちた小虫の体液を吸い尽くし、死骸を強力なアゴで巣の外へ弾き出す獰猛な幼虫の姿は想像できない。
   
   毒ありて うすばかげろふ透きとほる (誓子)

 うすばかげろふ(薄羽蜉蝣)も夏の季語である

     
             (写真はアリジゴクとウスバカゲロウ)
スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 19:17 |  日記 |  comment (8)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター