FC2ブログ
 

八手の花

                  ヤツデ

             灯の残る路地の暗がり花八手(杜)

 時雨の季節になると木の実も殆ど小鳥たちに食べ尽され、まして咲いている花などはたいへんに少ない。この季節に目につく花と言えば、八手の花くらいだろうか。大ぶりな葉の真ん中に隠れるように咲いている風情がいじらしい。
 私だけの思い込みかもしれないが、八手自体に幽かな孤独感を感じる。山野ではあまり見かけない。主に庭先に植えられているが、花が地味なせいか隅っこの方にぽつんと植えられていることが多い。図体は決して小さくはないのに、転校生のような淋しさが漂っている。で、この花木の素性を知りたくなった。

 元禄時代までの資料には見当たらない。貝原益軒の『大和本草』(1709)に「西に多し…京畿にて未だこれを見ず」というのが初見で、同じ著者の『花譜』(1694)には見当たらない。とすると、300年くらい前に日本へ渡来したのであろう。

 葉の切れ込んだ形が掌を広げたように見えるのが名前の由来らしいが、不思議なことに切れ込みの和は八つではない。殆ど九つで、稀に違うものがあっても七、九、十一と、みな奇数である。古来、日本や中国には奇数を佳とする風習があったせいか、縁起物として、或いは魔除けとして屋敷内、それも玄関近くに植えられることが多かった。

 魔除けと言えば、昔は玄関に鰯の頭、蜂の巣、ニンニクなどを飾った。東北では馬の蹄鉄、私の故郷の中部地方では夏祭に揚げた手筒花火の筒を軒に飾っていた。中には「鎮西八郎為朝恩宿」という札を貼って悪魔の侵入を防いだ地方もある。洋風の家が増えたせいか、人々の考え方が変わったためか、こうした風習も次第に見られなくなった。八手が庭隅に追いやられるのも已むを得ないか…。

   老犬の目の覚めやすく花八手(杜)
 
   玄関に五燭の灯り八手咲く(杜)


 

スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 05:47 |  日記 |  comment (6)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター