FC2ブログ
 

逝く年来る年

               0fd320aa44c8de08.jpg


    飛ぶ鳥も過客のごとし年の暮 (杜詩夫)

 いよいよ大晦日(おおつごもり)。明日からは2009年、平成21年、干支は己丑(つちのとうし)となる。正月が明けても何かがドラスチックに変わるわけではない。夜が明けると郵便受にいつもより分厚い新聞が投げ込まれ、程なく年賀状が届けられる。街に出ると晴れ着を着た人たちと出会う。そのほかに昨日と何かが変わっただろうか。初日の出と言っても特別な光を放っているわけではない。雀も昨日と同じ声で鳴いている。とは言うものの私も人の子、大晦日ともなれば逝く年来る年への感慨は啻ならぬものがある。
 
 今年は肉親や友人知人と永訣した。去って行った友もいる。いずれも辛いことではあるが、逝く年が過客であるように、去った人を追いかえることは出来ない。

    風花に
    峠越すもの
    越さぬもの
    別れにもあり
    とわと かりそめ

 しかし、来る年は真っ白な手つかずの世界。自分の意思で何でも書き込むことが出来る。未知の世界は不安に満ちているが、それと同量の希望があるとも言える。どうせ五分五分の確率なら、明るい方へ賽を振ってみたい。将に Where there’s a will, there’s a way. 些か平凡ではあるが、これを小生の大晦日の感慨としたい。

    この年最後の買物は
    新しい手帳
    ともかく
    手つかずの明日を
    信じよう

(追記)新年を控えてカバー写真を替えました。丑年ですが敢てホッキョクグマの赤ちゃんにしました。地球温暖化で北極の氷が溶け、彼らの生存が危ぶまれています。だから…。

 

  


スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 06:21 |  日記 |  comment (7)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター