FC2ブログ
 

麹町倶楽部第119回歌会

8cf886e8045c0934.jpg

 毎月のように入会者が増えるので、会場は昨年末に続き和室大広間。柳瀬丈子さんが急用で来られなくなり、恒例の朗読がきけなかったのは残念だった。その代わり『南の風』代表の高原伸夫夫妻が参加して下さり、歌会終了後は newcomer の平井敬人君が弾き語りライブで会を盛り上げてくれた。長崎遠征を控えて諸兄姉の意気、夙に軒昂。こんなお転婆・腕白が大挙して押し掛け、ニシベさん大丈夫だろうか。宜しくお願いしますね。
 最後に…不慣れな司会で済みませんでした。アシストして下さった映子さん、感謝です。
 本日の成績は、以下の通り。(敬称は省略させて戴きます)

【自由詠】

  着古しの
  柔らかさって
  あのひとが
  手を通わせてた
  温かさ(一席 小杉淑子)

  林檎ひとつを
  かじりあう
  二人の中にも
  芯の残る
  淋しさがある(二席 松尾さやか)

  ほんとうに
  これでよかったのかと
  空を仰げば
  ふわり頬に
  雪のひとひら(三席 史緒)

  たぶん
  ものごとは
  とても単純なのだ
  見えない部分を
  補おうとしなければ(同点次席 渡邊加代子)

  せり出してきた
  お腹
  ひっこめて
  オフィスのドア−開ける
  仕事始め(同点次席 関口有美)

【題詠:流れる・流す】

  特に願いもなく
  サラサラと
  流れる日々に乗る
  これも
  幸せというのだろう(一席 渡邉加代子)

  通夜の後は
  クラス会に流れる
  懐かしさと想い出があふれる
  ごめんね ありがとう
  あえてよかった(二席 はなちゃん)

  木を植えるって事は
  この山に流れている
  永遠の一部に
  私の汗が
  触ったって事(三席 柳瀬丈子)

  川の流れに
  蓋をして
  車の流れを
  つくる
  あぁ 人間って(次席 小杉淑子)
                           以上

スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 02:25 |  日記 |  comment (2)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター