FC2ブログ
 

『縛り首の木』

        しばりくび      しばり

 昨日から始まった裁判員制度による殺人事件の裁判―あれを見ていたら、半世紀ほど前に公開された『The Hanging Tree』(縛り首の木)というアメリカ映画を思い出した。粗筋は新興の金鉱地にやって来た暗い過去を持つ医師(ゲイリー・クーパー)が、小さな女性山主(マリア・シェル)を襲おうとした町の顔役を射殺する。このため医師は、町の人々に丘の上へ追い詰められる。そこには、縛り首の木が立っている。今まで何人がこの木に吊るされただろう。医師も…あわや…。

 米国西部の開拓が始まった頃は一種の無法時代で、酒場で飲んだくれた男たちにより簡単に死刑が決められた。刑は殆どが絞り首で、見せしめとして公開で縛り首が行われた。今度の陪審員制度も本質的にはこれと変わらない。一歩誤ると衆愚裁判になりかねない。これが、明治以来続いてきた牢固とした司法制度に新しい風穴を開けたことは間違いない。しかし問題点もたくさんあるようだ。日本は一応、立法、司法、行政の三権が分立している建前にはなっているが、実態では行政が突出した権力を持っている。これは総理官房の中枢に入った元警察庁長官が野党々首の献金事件をでっちあげた最近の事例でも明らかだ。こんな国では、将来“民主的司法”を口実に何をするか判らないという不安がある。一口に民主的と言うが、それは衆愚的という側面を持っている。今から六十数年前、我々は全国民挙げて戦争を賛美し、もし一人でもそれに反する者が居れば非国民として“縛り首”にしてきた。あの西部劇の中の民衆と同じだった。

 第一回裁判で、陪審員から証人に対する質問が一度も出なかったことが気になった。検察官の証人質問が終わった直後に裁判官が休憩を宣し、再開後に陪審員から特に質問が無いようだからと、そのまま閉廷したという。休憩中に裁判長から「今日はお疲れでしょうから質問は止めましょう。それでいいですね」みたいな働き掛けがあったかどうかは判らない。しかし、やろうと思えば出来たはずだ。裁判長はそれだけ大きな指揮権、影響力を持っている。陪審員制の導入で司法が民主化されたなどと喜ぶの早い。

 関係者は法律用語を日常語で話していたのが良かったと手放しで喜んでいたが、果たしてそうだろうか。裁判用語には多くの研究や判例が凝縮されたものが多い。それを難解というだけで簡単に捨て去ってよいだろうか。それと例えば「未必の殺意」は法律関係者なら直ぐ解るが、一般市民には「石を群衆に向かって投げるとき、もしかしたら死ぬ人が出るかもしれないと思って投げるような殺意」などと、いちいち説明しなければならない。恐らく従来の数倍の時間が掛ることになるだろう。一方、裁判に不慣れな陪審員の疲労を考えれば一刻も早く裁判を終わらせる必要がある。その結果、裁判の内容が拙速主義に陥り、雑になる危険が大きい。この制度は3年後に見直すというが、民主的という美名に釣られて問題点を見落とさないで欲しい。
 結論的に言えば、司法への名目的な参加より司法へのオブザベーションこそ必要なのである。


スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 13:05 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑

もっと面白い「動物の謝肉祭」だって

あさおか2 あさおか1 あさおか3

 クラシックの中でいちばんおもしろい曲はって聞かれたら、みんながサン=サーンスにの「動物の謝肉祭」とこたえるでしょうね。この曲はもともと、いたずら好きの彼が友だちを楽しまそう(驚かそうかな)という遊び心で作曲したもの。個性豊かな動物たちがいっぱい飛び出してくるし、随所に魔法が仕掛けられているんだ。

 僕の知人に浅岡洋平っていう天才がいてね。この“魔法の秘密”をファンタジーな映像と共に一つひとつ紐解いてくれるんだって。ゆうべ送られてきたチラシには「飛び跳ねる音・炸裂するリズム。2 台のピアノが奏でるド迫力のクラシック!」って書いてあった。まさか、ピアノがダンス踊るわけじゃあないだろうけど…。

 普通のクラシックコンサートとは、どう違うの? って聞いたら、「来れば判る。子どもと一緒に楽しめるコンサートです」だって。興味がある方は行ってみてください。チケットはちょっとお高いけど、2005年から毎年やってきた「ワールド・オブ・ストリングス公演」「ワールド・オブ・モーツァルト公演」「ワールド・オブ・ピーターとオオカミ公演」が大好評だったから、4回目もきっと素晴らしいと思う。行かれる方は村瀬までご連絡ください。

 日時;9月27日(日曜日) 14;30開場あ 15:00         
 会場;浦安ブライトンホテル 2Fバンケットルーム(JR新浦安駅前)
 チケット;おとな4000円 こども2000円 
 出演;ピアノ中川 賢一、小坂 圭太バオイリン花田 和加子、亀田 夏絵 ビオラ金 孝珍 チェロ中 美穂 コントラバス細野 理絵フルート羽鳥 美紗紀 クラリネット中 秀仁 パーカッション中山 航介  

 プロヂューサー;浅岡洋平のプロフィール             
 指揮者、チェリスト、音楽監督としての多彩な活動に加え、数多くのコンサートリーズをプロデュース、アカデミックな経歴とは、かけ離れた自由奔放な発想で現代の音楽シーンに新たな息吹をもたらし、各界から注目を浴びている。東京芸術大学在学中、第31回文化放送音楽賞を受賞、同大学院よりロータリー財団の奨学生としてジュリアード音楽院へ留学。同校大学院在学中にアーティスト・インターナショナル賞を受賞、カーネギーリサイタルホールにてニューヨークデビュー、活動拠点をニューヨークへ。レナード・バーンスタイン 、J・F・ケネディが受賞したことで名高い、アウトスタンディング・ヤングパーソンズアワードを始め、数多くの賞を受賞し、カーネギーホール、リンカーンセンター等にて多数のコンサートに出演。ロックフェラー財団に招聘され、イタリアにて始まったリサイタルシリーズでは、現代の作曲家の作品を積極的に取り入れ、高い評価を受ける。デビューアルバムの「Toward the Sea」は、様々な音楽誌で注目を集め、音楽の友社においてベストレコーディング賞を受賞、クラシック部門において第1位に選ばれた。 スペインの作品をテーマにした「Cantos de Espana」は「レコード芸術」等各紙で絶賛されている。紀尾井ホール、大阪ザ・フェニックスホールをはじめ全国5カ所での帰国リサイタルツアーでは、清水和音との熱演に、各地で絶賛を浴び、熱烈なファン層を増やしている。







※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 05:34 |  日記 |  comment (1)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター