FC2ブログ
 

束の間の月見

             コピー ~ 一川さん

 午前3時、何気なく一川さんのブログを拝見して今夜が十五夜と知る。東京は雨の予報だったが念のためヴェランダに出てみると、素晴らしい月がでていた。

    望の月 いよいよ人の灯は暗し(杜)

    満月に見え 見失ふもの あまた(〃
 
 拙速の一行詩を書き込ませて戴いてから、いつもより30分早く恒例のウォーキングに出る。西空に懸かる月を眺めながら歩く。ところがそれも束の間、月が見えなくなってしまった。私の住むマンションは池ノ上通りという小高い場所に在るから仰角30°の高さに在る月も良く見える。ところが野川河畔の周遊路に来ると、家並や森に遮られて月は全く見られない。約2時間半のウォーキングを終わって坂を登る。西空は既に厚い雨雲に覆われていた。これでは残月が出ていても見ることは出来ないだろう。思えば束の間の月見であった。そのせいか、近年稀に見る綺麗で大きな月であった。これも一川さんのブログのお陰。有難うございました。

 一川さんおブログから、個展のお知らせを転載しておきます。私は所用で16日に福岡を訪ねますが、こちらの市の文化祭に出席するため翌日夕刻にはトンボ還り。それで特別に16日午後、ホテルにチェックインする前に風雅亭にお邪魔して作品を拝見する予定です。

◆「一川の一日一書一首展」と石原稔久陶展
10月20日~25日11時~18時
10月23.24日 各2時~一川による書のパフオーマンス(無料)

◆宮沢賢治蔵書展と一川の賢治詩書展
11月13日~18日11時~
10月16日6時半~
徳永明子の賢治の童話ストーリーテリング
(会費1000円要予約20名さま限定)

両展とも下記の風雅亭にて開催されます。
福岡市中央区荒戸3-2-27  お問い合わせ 092―716―9636

    (写真は石原稔久さんと一川さんおコラボ作品)

一川さん 1300619043_49.jpg


スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 07:17 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター