FC2ブログ
 

            2009_1114_055957-DSC_0042.jpg
 
    生き急ぐことの勿れと冬の薔薇(杜)
    冬薔薇や人にそれぞれ秘密あり(〃)
    冬薔薇を一輪残し旅立たむ(〃)

 午前4時、家を出る。道の表面は濡れているが雨は上がったようだ。ところが、歩き始めて20分も経たないうちに降り出した。それも、かなり強い雨足だ。フード付のヤッケは着ているが、下はトレパンだから忽ちびしょ濡れに。加えて右足拇指にできた靴擦れが痛み出した。雨に備えて3日前から履いているトレッキングシューズが、足に合わなかったようだ。撤退は山男の美学、などと大袈裟な口実をつけて引き返す。傷口が赤く腫れて血が滲んでいる。放っておいたら化膿して、来週の南アルプス行きもフイになるところだった。

 昨日、蕾のうちに剪り取った薔薇が、五分咲きとなった(写真)。初夏以来5輪の花を付けたが、これが今年最後の花になるだろう。苗を求めたとき、花舗のお嬢さんから「木や根が育つまで花は咲かせないほうがいいわよ」と言われていた。彼女の助言は正しかった。お陰で株は頑丈に育っている。オクラとタカノツメが終わった花壇に、あと2鉢ほど薔薇を増やそう。ふっくらと優しい花を見ていると、彼女の白い胸元…いや、白い頬が思い出される。

 ―近況―

 来週から旅に出ます。前半は浜名湖。17日にインフルの予防注射を予約してあるので一旦帰京。後半は南アルプスですが、ピークまでは登りません。標高1500㍍辺りで冬鳥を観察します。カケス、ルリビタキ、ジョウビタキ、ウソ、シメ、シロハラ。それにアオゲラ、アカゲラ、コゲラなどのキツツキ類、運が良ければノスリ、オオタカなどの猛禽類にもお目にかかれる筈です。いま、デートの前のドキドキといった心境です。
 ブログは、しばらく休載することになります。本格的な寒さを迎えます。加えて悪性のインフルも猖獗しつつあります。どうぞ、ご自愛下さい。

 毎朝行っている2時間のウォーキングの効果か、体調は頗る順調です。一昨日の定期検査では血圧、血糖値なども平常。懸念していたCCr(クレアチニンクリアランス= Creatinine clearance)も平常値でした。これは筋肉中に存在するアミノ酸の一種で、その増減が腎機能の指標となるものです。この結果、毎月だった「外来診察」も、次回から隔月になりました。他事ながらご休心下さい。
スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 09:18 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター