FC2ブログ
 

近況

慶応病院

 ごく一部の方にご心配いただきました小生の入院の件ですが…、12月に延期することになりました。発端は25日の検診で血中のカリウムが急増したことですが、カリメートを5日間飲んだ結果、数値が正常値に戻りました。昨日、看護師をしている教え子から「先生、手が黄色いよ、肝臓が悪いんじゃない?」と言われて気にしていました。そのことを主治医に話すと、「ほら、ボクの腕と同じ。血液検査でも異常はありませんよ」とのこと。それから、小生の忘れ物、落とし物頻発を理由に「認知症が始まったんじゃないの」とキツーイ一発をくださったMさん、その兆候は全く無いということでしたよ。(どうだ!)
 結論的には12月9日から予定されている定期人間ドックに合わせて、食事指導も行うということになりました。ごく一部の方々に謹んでご報告申し上げます。他事ながらご放念ください。今日は、いつになく院庭のコスモスが美しく見えました。

 実は検査の結果が心配で、昨夜は殆どねむれなかった。この男、日ごろは生死を超越したような詩を創っているが実は意外に小心者かもしれない。これからは作品に騙されないように、ご注意されたい。
 入院しなくていいと言われ、急に気分が明るくなった。Mさんにメールして、麹町倶楽部の歌会に出席する旨を伝える。休んだときは欠席歌にしてくださいと解除条件付で作品は既に送ってあった。Mさんから「よかった、よかった、ほんとうに良かった」と歌うようなお返事をいただく。Mさんは優しい人だ。

麹町歌会
 雨にもかかわらず出席者は26名。新しく黒木暁子さんが入会された。若くて聡明なお嬢さんだ。これで平均年齢がぐう~んと若返った。

【自由題】
  山に上で
  巨大な風車が
  一基
  ぐわりぐわり
  秋空を回している (一席 酒井映子)

  円錐に
  静けさ湛える
  蟻地獄
  罠というもの
  なぜか美しく (二席 村瀬杜詩夫)
  
旅の先々で
  笑顔をもらう
  もしかしたら
  私が優しくなっている
  のかもしれない (三席 山碧木 星)

【題詠/消す】
  味が染み込むまで
  どーんと
  構えて待とう
  火は消えてからが
  ホントの勝負 (一席 松尾さやか)

  わたしが
  間違えるたびに
  だんだん汚れ
  小さくなっていく
  消しゴム (二席 村瀬杜詩夫)

  音は
  消える時がいのち
  と
  あなたは静かに
  尺八を吹き始めた (三席 柳瀬丈子)
 
スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 00:01 |  日記 |  comment (1)  |   |  page top ↑
Comments

警告

 悪質な妨害行為を繰り返す者へ

 キミの正体は判っている。今後も繰り返すなら本名を公開する。以上、警告する。管理者
by 杜詩夫 2008/10/02 03:37  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター