FC2ブログ
 

崖(はけ)の道を歩く

   武蔵野公園    のがわ 038    tokyo3980.jpg

明日14日は久しぶりに地元で野鳥の会の観察会が行われる。会場は武蔵野公園と野川公園。下見を兼ねて両公園まで歩く。野川に沿って下り、小金井街道を横断して歩く。この二つの都立公園は野川に架かる二枚橋で接している。この一帯は浅間山公園、多磨霊園、神代植物公園、深大寺、国立天文台などと一体になって武蔵野の森をつくっている。
 先ず武蔵野公園に出る。ここは東京都の各公園や街路に植える苗木を育てる苗圃(びょうほ)をもち、散歩しながら木々の育成の様子を観察することができる。通称クジラ山と呼ばれる丘には約一万本のケヤキ・コブシ・サクラ、シラカシ・トウカエデなどが植えられており、武蔵野の面影を偲ぶことが出来る。
 二枚橋を渡って野川公園に入る。ここの前身は国際基督教大学のゴルフ場で、中央を野川が貫流し、更に東八道路が通って三つの区域に分かれている。道路の南側は芝生の広場が中心で、国分寺崖線に接した北側は豊富な湧水を利用した自然観察の場所となっている。一応柵に囲まれたバードサンクチュアリの中は昼間なら自由に出入りして野鳥の観察ができる。この中にはホタルの里もあるが、シーズンオフは立入禁止。
 帰途は国分寺崖線に沿った「崖(はけ)の道」を辿る。二枚橋の直ぐ上流付近は昔は崖の湧水を利用した水田のあった地域で、水田址の碑が建っている。現在は洪水の場合の遊水地だが普段はサイクリングコースになっていて、子どもたちがスケボーで遊んでいる。流水口には洒落たレリーフが飾られていて説明版を見ないと遊水設備とは判らない。
 二枚橋から二つ目の坂がムジナ坂で、大岡昇平はこの左側の冨永家に寄寓しながら『武蔵野夫人』を書いた。昔は古狸(ムジナ)が出るほど鄙びた坂だったが今は石段に変わり、冨永家も移築されたらしく古い門が取り壊されつつあった。そこから数十メートル先が、大岡の親友だった中村研一画伯邸。今は市が買い上げて美術館となり、崖を利用した庭園は「美術の森」として開放されている。
 中村美術館をすぎ、間もなく小金井街道という処に小金井の里の鎮守、小金井神社がある。祭神は菅原道真で明治までは天満宮と呼ばれていた。狛犬ならぬ牛の石像の脇で門松や古いお札を燃やす「どんど焼き」が行われていた。境内の奥まった場所に珍しい塚がある。電化製品の普及で不要になった石臼を山形に積み上げ、真ん中に小さな地蔵様が祀ってある。陽が落ちると風が出て寒くなった。今日の散策は此処でお終い。

(写真は左から武蔵野公園の並木、野川公園のバードサンクチュアリ、大岡昇平の友人中村研一美術館うらの美術の森入口)



スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 22:19 |  日記 |  comment (2)  |   |  page top ↑
Comments

No title

 蕎麦らしい所にお住まいですね。2年ほど前に都立公園巡りのツアーでお訪ねしたことがあります。ちょうど春で、野川の岸には沢山の野草が咲いていました。
 野鳥のサンクチュアリにはボランテテアの方がいて、いろいろ説明してくださいました。
 お話を読んで、また訪ねたくなりました。
by グレープ 2009/01/15 06:22  URL [ 編集 ]

No title

 グレープさん、いらっしゃい。
 昨日のウォッチングは好天に恵まれ、予想以上の鳥たちと出逢えましたよ。
珍しいものではクイナ、バンなど。クイナは臆病でうまく撮れませんでしたが、
ダイサギは飛んでいるところを採れました。 エナガは未だシッポにネグセが
ついていません。あれがくるっと曲がっていると、抱卵しているんです。来月
あたりからでしょうね。また、お立ち寄り下さい。
by 杜詩夫 2009/01/15 16:38  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター