FC2ブログ
 

ある日記

                2009_0303_112920-IMG_0142.jpg


 しばらく日記を書かなかった。三河万歳の源流を調べるために愛知県三河地方を旅していたこともあるが、大きな理由は日記を書く意欲が萎えてしまったことにある。怖くなったと言ったほうがいいかもしれない。きっかけは、ある男が自分で主宰する文芸雑誌12月号に掲載した日記を読んだことである。些か旧聞に属するが、私の目に触れたのは最近だった。私は同誌の同人ではないが、期せずして二人の同人からコピーが送られてきた。一人は悪筆の見本だからと、他の一人は書かれた内容に憤慨してのものだった。読み始めたが不愉快になって途中で止めてしまった。そんなに嫌ならさっさと辞めればと思うのだが、人の心は解らない。この男が昨年の夏に自作を特集したときも数人の人から、あまりにもひど過ぎると泣き言を言ってきた。たしかにひどい代物だったが、幹部同人の中には絶賛した御仁もいたそうだから、もはや文芸結社というより新興宗教のような集団と化しているのであろう。教祖サマの御託宣なら支離滅裂でも誰一人文句も言わず拝読しているのであろう。

 さて、お前はどうなんだと言われる前に言うが…私も自分のブログに日記めいた駄文を発表してきた。私の場合は友人から、訪れる人も居ない辺境のブログと揶揄されるほどの存在で、数千人(たぶん)の同人を擁する大結社の主宰サマとは比ぶべくもない。が、以て他山の石としたい。私は日記のすべてを公開しているわけではない。なるべく当たり障りの無い野鳥や山野草などのことを書くようにしているが、時には筆が奔ってしまうこともある。―いったい私は何のために日記を公開しているのだろう。その ignificant が判らなくなった―というのが現在の心境である。
スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 18:12 |  日記 |  comment (11)  |   |  page top ↑
Comments

日記は続けて下さい

 お帰りなさい。ご旅行をなさっていたのですね。日記が更新されないので、もしやご病気ではと心配していました。
 先生、日記はお止めにならないで下さい。いつも楽しみにしているのです。ぜひ、続けて下さい。
by 塩澤千佳子 2009/03/03 19:48  URL [ 編集 ]

No title

 千佳子さん、早速のコメントを有難う。
 なるべく当たり障りの無いテーマを選んで書き続けるように努力してみます。
と、言いましても今月も旅が多くなりそうで、ご期待に添えないかもしれませんよ。
by 杜詩夫 2009/03/03 21:41  URL [ 編集 ]

No title

 先生、いろいろな分野で、たくさん勉強させて頂いております。何のためになどと考えないで、気の向いた時にお書き下さい。遠くから見守ることしか出来ない私達(クラスメート)達のお願いでもあります。

そうそう、2~3日したら、大根の花が咲きそうです。小さな春の訪れを、楽しみに待っているこのごろです。お元気で。


 


by  か子 2009/03/04 01:00  URL [ 編集 ]

No title

 か子さん、お早う。先日は有難うございました。崇さんに宜しくお伝え下さい。どれも東京では入手できない絶品で、感謝、感謝です。お陰で酒が進んで、ちょっと困っているけど…・
 ところで、か子さんは日記を書いていますか。もちろん公表しなくてもいいけど、日記は文学修業に役立つからぜひ続けて下さいね。英語では日記を diary と言うが、これは毎日の金銭の遣り取りを記録したのが始まり。ところが日本では平安時代から日記の形をとったエッセイが書かれていました。蜻蛉日記(右大将道綱母)、和泉式部日記(和泉式部)、 紫式部日記(紫式部)、更級日記(菅原孝標女)などです。特にこれらが女性であることに注目して下さい。あなたも主婦と経営者の二足草鞋でたいへんでしょうが、頑張って下さいね。
by 杜詩夫 2009/03/04 05:54  URL [ 編集 ]

灯りを消さないで

 この日記は、ぜひお続け下さい。この日記は私たちのお手本であり、目標でもあるのです。
 先生の日記は文芸塾の灯台です。いつンまでも行手を照らしていて下さい。
by 磯貝あずさ 2009/03/04 10:02  URL [ 編集 ]

No title

 おはようございます。こちらは、ここ二日間大雪でしたが東京は如何ですか。
 私も先生の日記を楽しみにしている一人です。いろいろお忙しいことでしょうが, ぜひお続け下さるようにお願い申し上げます。
by 中村紫水 2009/03/04 10:36  URL [ 編集 ]

頑張ってください

 せんせい、ご無沙汰しています。しばらく日記がお休みでしたのでご病気ではないかと心配していました。お元気そうで、ほっとしています。
 この日記は、ぜったいに止めないでください。皆さんのおっしゃるように、先生の日記は私たちのお手本です。どうか頑張ってください。
by 浅岡ひかり 2009/03/04 11:53  URL [ 編集 ]

No title

 ご無沙汰していますが、私も毎回楽しみに先生の日記を拝見しています。
 どうか、これからもお続け下さい。今年の夏も合宿の予定がありますか。楽しみに待っています。 
by 米津克弘 2009/03/04 13:33  URL [ 編集 ]

有難う

 あずささん、紫水さん、ひかりさん 米津さん、お心の籠ったコメントを有難うございました。
 つい愚痴めいたことを書いて心配をかけましたが、大丈夫ですよ。これからも日記は続けることにします。
 大したことは書けないでしょうが、これまで通りご愛読下さい。
by 杜詩夫 2009/03/04 16:34  URL [ 編集 ]

No title

日記がしばらく更新されていなかったので、心配しておりました。他の方と較べる必要はないと思います。私もいろいろ勉強させて頂いておりますので、ぜひこれからも書いて下さい。楽しみにしています。
by ユナ 2009/03/08 21:28  URL [ 編集 ]

No title

 ユナさ、お言葉ありがとうございます。たくさんの方から励ましのお言葉を頂く、また駄文を続けることにしました。宜しくお願いします。

 今日は中国琵琶のコンサートに行ってきました。久しぶりに感動しました。その様子を今日のブログに書きましたので、ご覧ください。
by 杜詩夫 2009/03/08 22:57  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター