FC2ブログ
 

師・檀一雄を偲ぶ旅―能古島・瀬高・柳川

454.jpg檀一雄現在の寺の庫裏

 一面に広がる菜の花畑の背景に、博多湾の碧い海が光っている―数日前に見たNHKのライブそっくりの光景を目の前にして思った。 そうだ、あれを見た瞬間に、ここ能古島へ来ることを私は心に決めていたのかもしれない。ポケットから磁石を取り出して方位を確かめた。この景色は在りし日の檀一雄が眺めたものである。私は眼前に広がる景色に重ね合わせながら、檀が遺した文章を心の中で反芻していた。

「能古島の展望台から四顧すると、私の一生のそれぞれの時期がほとんど一望のうちに、アリアリと見えてくる。南には、青春時代を送った博多の町並みが横に長く伸びている。西には、律子を死なせた小田の浜が、太郎を肩車にして歩いた長い道がすぐそこに見えている。つまり、能古の山頂から四方を眺め回すと、私の生涯のほとんど全部の出来事が、はっきりと指差しながら点検できる」― 

 檀は1974年に能古島に自宅を購入し、月壺洞(げっこどう)と名づけた。その翌年に悪性肺腫瘍のため九州大学病院に入院。病床で「火宅の人」の最終章「キリギリス」を口述筆記で完成させたが、これが檀の最後の仕事となった。それから間もない1976年1月2日に世を去る。享年63歳の若さだった。能古島に滞在した2年間に檀はしばしば、この展望台に足を運び短い生涯を振り返っていたのであろう。
 糸島半島西の浦・小田の海辺を見霽かす自然探勝路の脇に、辞世の句を刻んだ檀一雄文学碑が建っている。小田浜は妻律子が闘病生活を続けた思い出の地である。陸軍報道班員として従軍した檀が敗戦で帰国したとき、律子は腸結核に罹っていた。彼女の希望で海の見える西浦村小田(現・福岡市西区)の波左間スエ方の2階に間借りする。ここでの痛ましい闘病と献身的な看病の1年間は、後に直木賞受賞作となった『リツ子・その愛』『リツ子その死』に詳しく記されている。

     モガリ笛
       幾夜もがらせ
         花二逢はん

 モガリ笛とは虎落笛のことで冬の季語。烈風が竹垣や電線などに触れてヒューヒュー鳴ることをいう。この句には様々な解釈がなされている。その中には下句に「二」という漢数字が遣われているところから、二は二人、即ち奥さんのほかに愛した女性を指すというものもある。しかし私は死期を悟った檀がゼイゼイと咳き込む自分の苦しい息を虎落笛に喩え、あと幾夜か苦しめばあの世で律子に逢えるという気持ちを詠んだと解釈したい。
 毎年5月の第3日曜日、この句に因んだ花逢忌(かほうき)が、この文学碑の前で催される。帰途、西の浦・小田浜までタクシーを飛ばしたが、人気のない浜辺に檀の痕跡を探すことはできなかった。

 翌日、みやま市瀬高町小田平田の善光寺を訪ねる。此処は律子の遺骨を片手に3歳足らずの長男の太郎を肩に負った檀が、沖の端の実家などを転々とした後に辿り着いた場所。親類の地元郷土史家・村山健治の紹介で、この寺の庫裏の荒れ果てた屋根裏部屋に逗留することになる。僅かな自炊道具と煎餅蒲団だけという悲惨な生活だったが、自然環境は暫し貧窮の苦しさを忘れさせた。当時のことを短篇小説『帰去来』の一説から窺うことができる。
―「部屋からの眺望は素晴しかった。筑後平原の一望の櫨(はぜ)が序々に紅く染まっていき太郎と二人、心ゆくばかり、眺め暮らした」―

 話は前後するが能古島の旧居跡に「つくづくと櫨の葉朱く染みゆけど下照る妹の有りと云はなく」という歌碑が建っている。櫨(はぜ)の木が真っ赤に色づいてきたが、今その下に佇んで自分に見せてくれ。最愛の妻は逝って悲しく切ないという意味である。この歌は善光寺で作られたもので、この境内に建っていてこそ相応しい。いま寺苑には児童文学者与田準一の書「壇一雄逍遙の地」の碑と「リツ子・その愛」が此処で書かれた旨の碑が、筑後平野を見渡せる静かな広場に建てられている。檀は律子の死で生きる望みを失っていたが、師の佐藤春夫や前記与田などの励ましで再び筆を執り、作家として復活を果たす。

 檀一雄を偲ぶ旅の最後の宿は柳川の「御花」。此処は柳川藩主立花氏の別邸だったところで、檀もしばしば訪れており、有明の珍味は檀の食エッセイ『わが百味真髄』でも取り上げられている。檀の墓は藩主立花氏の菩提寺・福厳寺に在る。妻・律子も此処に眠っており、彼女に対する檀の想いの深さが偲ばれる。檀は「火宅の人」のモデルとなった女優の入江杏子や“小森のおばちゃま”こと小森和子など多くの愛人と浮名を流し最後の無頼派文士と言われたが、結局は最初の妻・律子の許へ帰って行った。
 どの資料を見ても檀一雄の生地は山梨県となっているが、実質的な故郷は柳川である。繊維工業試験場技師という父の職業の関係で各地を転々とした。4歳くらいまで東京の下谷で暮し、5歳から6歳まで福岡の鳥飼、7歳から 9歳まで久留米市の野中、その後10歳から16歳まで栃木県の足利と親の転勤のたびに、あちこち移動していた。10歳の時に母親の家出により3人の妹は、柳川の白秋生家の隣の祖父母の家に預けられていた。お正月が近づくと、檀自身も父親と一緒によく柳川に帰省していた。白秋の生家は酒造業で現在も記念館として保存されているが、檀の祖父母の家は痕跡をとどめていなかった。
 柳川市の川下りコース沿いに檀一雄文学碑が建っている。碑には「ムツゴロ、ムツゴロなんじ佳き人の潟の畔の、道をよぎる音ささやきたるべし、かそけく、寂しく、その果てしなき想いのきゆる音」と有明潟のムツゴロウの歌が刻まれていた。(

  (写真:小田浜より能古島を望む、辞世の句碑、『リツ子・その愛』を書いた善光寺の庫裏)

 今度の旅で、私の笈中には檀の『風浪の旅』(山と渓谷社)が忍ばせてあった。映画「火宅の人」で主要テ―マ部分をなす松阪慶子演じる行きずりの女性トクコは、この本の中の「小値賀(おじか)の女」という短編を切抜きしたものである。小値賀は五島列島の地名で、できれば其処まで足を伸ばしたかったが今回は時間切れ。次回を期したい。

 来週から、再び旅に出ます。


スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 06:03 |  日記 |  comment (12)  |   |  page top ↑
Comments

No title

驚きました。福岡に来られていたのですね。とは言っても、小生は逆に11日から上京していましたので、いずれにしても会えませんでしたね。
昨年の細君の五行歌にも温かいコメントをいただいていましたが、能古島は我が家から海を挟んですぐ向こうです。散歩で海岸に出ては、いつもこの島が好きで眺めています。10年ほど前に檀一雄の家も訪ねて行ったことがあり、運よく掃除に来ていた方がおり、家の中を見せていただきました。亡くなった時のままだと言っていました。訪ねる人も少ない、この近くの桜が好きで、よく島に行っています。
柳川の御花が出てきたので、ここのおかみ立花幸枝さんは、都立戸山高校時代の友人で、共通の友人を連れては、ときどき訪ねています。10年ほど前に五行歌の仲間も連れて行ったので、麹町の方々は覚えておられると思います。
そして瀬高町…。善光寺の名前にハッとしたのですが、実は瀬高町から東へしばらく行くと(黒木瞳の)黒木町になり、木屋橋の近くに、枝垂れ桜と幽霊の掛け軸で知られている光善寺というお寺があったからです。ここも五行歌では深いご縁のある、風格のあるお寺さんです。
なんとも不思議な、ご縁続きのような旅でしたね。
by 高原伸夫 2009/03/19 01:48  URL [ 編集 ]

No title

 伸兄さん、ごめん。実は先月はじめ亡くなられた内村剛介さん(2月4日のブログに掲載)は、檀先生の紹介で知り合いました。内村さんには公私共に大きな影響を受けましたので、先生にご報告というか、お礼が言いたくて九州を訪ねました。急に思い立った旅でしたので、お知らせしませんでした。もしかしたら5月17日に再訪するかもしれません。そのときは必ずお知らせします。
 それにしても貴兄の交友の広さには驚かされます。今にして思えば、行く前にやっぱりご相談すべきだったと悔やまれます。
 
 あっ、そうそう、高遠の小彼岸桜は来月6日ころが満開らしいですよ。今年は行くご予定はありませんか。満光寺の兼子展世住職も、いつかぜひご紹介下さい。
 
 小生、4月は2~3日は横沢入(あきるの市)、15~18日は白馬、24日~28日は人間ドックですが、他は目下のところ空いています。次回ご上京のおりは、ぜひお知らせ下さい。いろいろ話したいこともあります。
by 杜詩夫 2009/03/20 02:46  URL [ 編集 ]

No title

返信が遅くなって申しわけありません。
4月は8日から15日まで上京の予定にしており、今のところ、特段の予定は入っておりません。
もし高遠に行かれるようなら、9日以降1~2泊ぐらいで、ご一緒させていただけたらありがたいな、なんて考えています。
高遠城址の小彼岸桜は、小生の悲願でもありますから、可能でしたら、ぜひお願いします。

本日の福岡は春には稀なくらいに晴れ渡った青空で、近くの愛宕神社に上り、桜たちと、心行くまで遊んできました。ここは、我々の埋め立て住宅地が出来る前は、直接海岸線に面していたという小山の上に建つ、歴史と風格のある神社で、博多湾に向こうに能古島を一望することができます。また神社のすぐ脇に、鷺の森があって、数百羽の鷺たちの棲息の様を上から眺めることもできて、とても好きな神社です。
驚いたのは、数千本あると云われる桜が、どの桜も、まるで申し合わせたかのように既に満開だったことです。
どう考えても早すぎますが、行ってみて本当によかったと、細君と話しています。
by 高原伸夫 2009/03/27 01:14  URL [ 編集 ]

No title

 伸兄キ、ご返事ありがとうございます…と言いたいけど、返事が遅すぎるよ! 愛宕神社で桜見物してる閑があったら、どうして返事くなかったの。(プンプン)

 実は10日から神楽坂「あゆみギャラリー」で一川さん主催の「心の言の葉―春の創作書展」が開かれ、小生も駄作1点を出品することになりました。10日が初日で夕方から麹町倶楽部の有志(赤、酒、町、船各氏)などが来場して下さいます。当日が偶々一川さんの誕生日なので「玄菱」で祝杯を挙げることになりました。11日以降も友人・知己の来場があるので、その日は会場で待機しなくてはなりません。15日からは白馬へ出発しますので、断念ながら高遠の「悲願桜」への御供はできなくなりました。
 
 以上は全て最近決まったことにて、責任は全て返事を遅延された伸兄キに在ると本官は思料致します。ただし悔悛の想いあって10日の会合に参加するのであれば、情状を酌量して執行猶予を付する。なお若し参加されれば、11日~13日の昼、阿佐ヶ谷「阿づ満や」、浅草「やっこ」にて、利根川の天然鰻を供するものなり。

by 杜詩夫 2009/03/27 11:20  URL [ 編集 ]

No title

日頃大活躍されている村瀬御大のこと、愚図愚図していたら、ほかに予定が入ってしまうだろうと考えなかった不覚で、まったくもって残念でした。
言い訳になりますが、先週来超多忙で、4月の件を考えているゆとりがなかったことをお察しください。昨日がやっと空いたので、桜の様子も見に行くことができ、すでに満開状態だったのに、本当に驚きました。そして、福岡がこんなに早い満開であれば、例年は4月中旬と聞いている高遠の桜も、少し早いのではないかと心が動いた次第です。
御大のご予定が、ほかならぬ一川さん教室の書道展の催しのためとあれば、いたし方ありません。神楽坂スタートのときには、真っ先に応援に駆け付けたくらいでしたから。
ただ兼子住職もかなりのお年になられるので気にもなっており、どうするか、少し考えます。
お話とウナギの魅力には大いに惹かれますが。
by 高原伸夫 2009/03/28 00:52  URL [ 編集 ]

No title

お返事、有難うございました。小生、4月14日一泊ならご一緒できそうです。15日朝11時30分に現地の方が白馬駅に迎えに来てくれますから、同日朝8時44分に乗れば岡谷で「あずさ3号」に乗り換え11:28に白馬に着けます。

 伸夫兄が高遠へ先行され、小生が14日に高遠入りでも宜しいですか。その際のホテルは如何しましょうか。

 
by 杜詩夫 2009/03/28 01:37  URL [ 編集 ]

No title

ご配慮、ありがとうございます。
小生、15日昼羽田発を予約していますので、14日中に東京に戻らなければならず、折角の村瀬先輩のご提案ですが、日程調整に些か無理が生じそうです。
高遠はまたの機会にしましょう。桜は逃げないでしょうから。
とりあえずは、10日の神楽坂で執行猶予の情状酌量をいただくということで、またご連絡させていただきます。
by 高原伸夫 2009/03/29 02:46  URL [ 編集 ]

No title

 残念ですね、次の機会を楽しみにしています。
  なお、10日は社中で集まるため、麹町の諸兄姉は10日以外の日に来ることになりました。
 日にちは月曜日に決まる予定です。改めてお知らせしますから、ぜひ。
by 杜詩夫 2009/03/29 09:32  URL [ 編集 ]

No title

その後のことですが、結局、10日から12日まで、村瀬さんも昨年会われた高校大学時代の友人K君(五行歌誌「南の風」同人でもある)と、高遠を訪問することになりました。
宿は満光寺(高遠内藤藩主菩提寺)が手配してくれたので、美和湖近く、長谷の仙流荘に宿泊します。
ところで、神楽坂はいつになりましたか?
by 高原伸夫 2009/04/07 00:35  URL [ 編集 ]

No title

 残念です。次の機会を楽しみにしています。Kさんによろしく。
 資料館前の広場に小生の師・木俣修の歌碑があります。時間があったら寄ってみて下さい。

 結局、10日が初日なので社中諸兄姉と会食、麹町の皆さんは13日夕にして戴きました。13日に在京でしたら、ぜひご来駕下さい。
by 杜詩夫 2009/04/07 01:43  URL [ 編集 ]

No title

13日は新宿に戻っているので、たぶん高遠饅頭を持ち帰って、馳せ参じます。当日連絡しますのでよろしく。
by 高原伸夫 2009/04/08 05:58  URL [ 編集 ]

No title

 お待ちしています。でも…

 マンジュウ、コワ~イ!
by 杜詩夫 2009/04/08 09:55  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター