FC2ブログ
 

春が逝く

  コピー ~ シダレザクラ  メジロ  2009_0408_133220-DSC_0046.jpg


 小金井の桜でいちばん開花が遅いのは、武蔵野公園に近い野川の両岸に植えられた枝垂れ枝。6日に訪ねたときは未だ五分咲きだったのに、今日は満開になっていた。ウグイスの声が近くから聞こえるが、姿は見えない。辛うじて花を啄むメジロをカメラで捉えることができた。
武蔵野公園の木々もだいぶ緑が濃くなってきた。ここは東京都の街路樹や公園用の木を育てる育苗園を兼ねているので、新緑の頃が美しい。名物の「くじら山」に未だ人影はなかったが、ムクドリのカップルが睦まじい姿をみせていた。野川に浮かぶカルガモもカップル、繁殖期が近いようだ。

 帰途は川床に下りて川に沿って歩く。ヒメガマやヨシは未だ枯れたままだが、タンポポ、オドリコソウ、オオイヌノフグリ、スミレなどが咲いている。ヨモギやイタドリも見られるが犬の散歩コースになっているので摘み草に適さない。前原小学校近くの水門で川床から上がる。この辺りのソメイヨシノも満開を過ぎ、プロムナードには花びらが絨毯のように散り敷いている。落下を手で掬って遊んでいる少女にカメラを向けると、小鳥のような瞳を返してくれた。

 去るものは美しくて哀しい。殊に桜は、盛りのときが華やかなだけに散り際の寂しさは格別である。野川が新小金井街道と交わる辺りでは風が強くて落花が華吹雪になり、川面には花筏が浮いていた。見上げればヤマザクラは既に葉桜となっている。春の逝くのは迅い。

        (写真:左から枝垂れ桜、花を啄むメジロ、花と遊ぶ少女)

スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 02:19 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター