FC2ブログ
 

社中展―シャチュウテン

              瓢箪徳利

 寺本一川さんが主宰の「みずくき書道会」の社中展(心の言の葉・春の創作書展)が、今日から15日まで神楽坂のAYUMI GALLERYでひらかれる。で開かれる。同時に一川さんの「墨象と五行歌展」も同じ神楽坂の毘沙門天裏のルパイヤード開催される。なお会期中は14:00から16:00まで一川さんのライブ・パフォーマンスが行われる。こちらの会期は5月30日まで。入場無料。

 同社中には歌人、詩人、ミュージシャン、写真家、工芸家、香道家など多彩な人たちが在籍しており、前衛書道を通じた交流を楽しんでいる。浪人の小生も下記のような五行詩1篇と一行詩5篇を出品している。

  ◇五行詩「別れ」       

  風花に
  峠越すもの
  越さぬもの
  別れにもあり
  永久とかりそめ

  ◇一行詩 「惜春」      

  ・惜春や まなぶた薄き 阿修羅天
  ・旅のわけ問う人もなく 春逝けり
  ・しぐれれば 時雨の匂い 石舞台
  ・遺されし者として踏む 桜しべ
  ・木下闇 入れば消えゆく 己が翳

 突然だが、シャチュウテンに似た言葉にコチュウテン(壺中天)がある。最初に断っておくが、これは社中展とは何の関係も無い話だ。単に発音が似ているというだけ…。
 
 これは中国の古い史書『後漢書』に出ている話。市の役人・費長房は高い楼の上から何回も不思議な光景を目撃する。毎夕、薬屋の老人が店が終ると、必ず店先に吊るしてある壺の中に飛び込んでいくのだ。或る日、費は意を決して老人に頼み、一緒に壺の中に入れてもらう。壺の中には立派な建物が建ち並び、美酒佳肴がいっぱいあり、費は老人と共に一刻の歓を尽くしたという。この故事から壺中天とは俗世とは異なった別天地、異世界を指す。またこれから転じて酒を飲んで、この世の憂さを忘れる楽しみを言うようになった。あれっ、こう書いていたら、何だかわが神楽坂書道会に似ているような気がしてきた。まんざら無関係な話ではなかったかもしれない。ほっ。
  
    死中有活。苦中有楽。忙中有閑。
    壺中有天。意中有人。腹中有酒。
                                        
(陰の声:社中展の写真を失敗したのでヘンな文章を書き足し、ヘンな写真で胡麻化したとみられる。筆者の猛省を促す)(筆者の声:ゴメンナサイ)

スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 23:39 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター