FC2ブログ
 

『気骨の判決』を観る

きこつ1 きこつ3 きこつ6

 NHKスペシャルドキュメント『気骨の判決』(8月16日放映)を観ました。太平洋戦争末期、「東条内閣による翼賛選挙は無効」と断じる勇気ある判決を下した裁判官、吉田久に光を当てた作品でした。久しぶりに感動しました。吉田を演じた小林薫のほか、山本圭、石橋蓮司、田辺誠一、麻生祐未、京野ことみなどの各出演者も抑えた演技で好感が持てました。
 ご覧にならなかった方のために、粗筋を紹介しておきます。いずれ再放送されるでしょうが…。

 翼賛選挙とは、東条内閣が戦争を遂行するために行った衆院選挙。軍部に協力的な翼賛政治体制協議会(翼協)が推薦候補を選び、非推薦者には露骨な選挙妨害が繰り返された。選挙後、鹿児島選挙区の落選議員・兼吉征司を始めとする各地の候補者から選挙無効の訴えが大審院(現在の最高裁)に起された。裁判官の多くは時局を気にして尻込みするが、大審院第三民事部の部長判事(裁判長)だった吉田久(小林薫)は、渋る大審院長・児玉高臣(石橋蓮司)を説得し、裁判官の西尾(田辺誠一)・梶原(田中哲司)と共に鹿児島に乗り込む。「選挙妨害は組織的に行なわれたのか」を究明するため、200人に及ぶ証人尋問を行うが翼賛体制への支持が強く、誰もが選挙妨害の事実を話そうとしない。国民学校校長・伊地知(國村隼)は「誤りは東京から来たあなたたちにある」と、吉田たちへの敵意を露わにする。
 吉田たちは、鹿児島県県知事・木島浅雄(篠井英介)が「翼賛候補者を支援するように」と伊地知たち地元有力者に命じた文書を手に入れ、木島知事の証人尋問を行なう。しかし、木島は事実を認めようとしない。
 一方、吉田の自宅には特高による監視が行なわれ、監督省庁である司法省の大臣(山本圭)は原告側敗訴の判決を出すように命ずる。さらに時の首相・東条英機が直接、大審院に乗り込み「司法権が戦争遂行の障害になってはならない」と圧力をかける。 “戦争のために真実を曲げていいのか?…いよいよ判決の日、憲兵や特高警察で埋められた傍聴席を前に吉田は、「翼賛会によって妨害された選挙は無効」という判決を言い渡した。この判決宣告の4日後、吉田は司法大臣 松阪広政に辞表を提出し裁判官を辞職する。

             (写真;小林薫が演じた吉田久)
 





スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 16:37 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター