FC2ブログ
 

創作和食「賛否両論」へ

   あ1  あ

          あ3      あ2

 予約が取れない店として有名な恵比寿「賛否両論」へ行く。友人がマスター笠原将弘さんの『かんたん和ごはん』をプロディユースした縁で、特別に予約を取ってくれた。気の合った友人を誘って出掛けたが、正直に言ってあまり期待はしていなかった。これまでTVなどで取り上げる人気店では期待を裏切られることが多かったから…。ところが最初の或る事で(これは?)と思わされた。冷酒を飲むための猪口が小籠に入れられて出されたが、人数分の倍の数が入っている。無地と模様入り、模様も形、大きさも違う。気に入ったものをお使い下さいというわけだ。しかも全ての猪口がキーンと冷やされている。この心遣いは尋常ではない。(お主、やるな!)と、最初から一本取られた感じだ。

 料理も酒もマスターにお任せする。最初のワインは、料理に合わせてアルザスの赤。ブルゴーニュのものに比べると色が明るく、苦味がやゝ強い。グッドだ。酒も辛口の「神亀」「飛露喜」などと料理の味にぴったりだった。
 料理は酒の進み具合に合わせて、タイミングよく出されるが、食材とその組み合わせが斬新で美味しい。全十数種類の全部を挙げることはできないが、例えば「イブリガッコのマスカルポーネ添え」。沢庵の燻製にイタリアン生チーズの組合せたものだ。更に「トマト豆腐の金糸葉添え。これはトマトを仕込んだ豆腐にユリの花に蕾揚げを添えたもの。締めはお代わり自由の菜飯に角久の赤だし味噌汁。デザートは5種類の冷菓。食べ放題ということだったが私は柚子シャーベット、きなこ饅頭がやっと。ところが友人たちは5皿をぺろり。若い人には敵わない。
 全員が「美味しかった!」と“賛成論”ばかり。次の予約を取ろうとしたら、4月分の予約受付は3月2日とのことだった。

 店を出るとき、近著『かんたん和ごはん』に笠原将弘さんが、サインをして下さった。(写真上段右)

(写真上段は店の玄関、下段はイブリガッコのマスカルポーネ添え、トマト豆腐)





スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 13:59 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター