FC2ブログ
 

如月尽(きさらぎじん)

           うめ

   徳利を振って音なく二月尽く(杜)

   花のなき壺を並べて二月去る(〃)

 今日は2月の尽日。今月は何かと話題が多く正直に言って、やっと終わったかという感じです。最大の話題は、やはりオリンピックでしょう。これも、やっと終わったかという感じです。オリンピックは、残念ながら暗い話題から幕が開きました。ハーフパイプに出場するK選手の服装と言動が非難されたのは、ご承知の通りです。僕も学生のころは朴歯の下駄に麦藁帽子という異端の服装をしていたから大きなことは言えないけど、TVに映ったKを見て正直に言って不快な感じがしました。私生活なら不精髭を生やそうと㞍が出るほどズボンを下げて履こうと勝手ですが、国を代表するオリンピック選手としてはマナーに反しているでしょう。だけど彼を責める前に、私は彼を取り巻くオトナの責任を言挙げしたいです。親や教師、コーチや役員は、いったい何をしていたんでしょう。最近のオトナは若者に迎合するばかりで、人間としての基本的マナーや社会的ルールについて苦言を呈する人がいません。朝青龍事件にしても、彼自身に問題があったとしても草原の自然児を野放しに育てた高砂親方、相撲協会役員の責任のほうが、より重いはず。朝青龍を追放するなら彼らも相撲界を去るべきでしょう。マスコミの態度は、もっと汚いです。必要以上に煽てあげてヒーローを作るかと思えば、スキャンダルを探し出して針小棒大に報じてヒールを作り出す。でっち上げた話題で新聞を売ろうとするだけで、社会の木鐸というマスコミの矜持などは片鱗も見られません。大新聞やTVの小沢一郎叩きなども、同じ姿勢と言わざるを得ません。話を、ハーフパイプのKに戻しましょう。実は、彼がメタルでも取ったらどうなるだろうと、内心で心配していたのです。あれだけ袋叩きしたマスコミがどんな対応をするのか心配でした。彼があっさり予選落ちしてくれたのでマスコミ各社は、さぞかしほっとしていることでしょうね。

 今日は美智代たちが掃除に来てくれる日でした。昼食を一緒に摂ろうと出前の鮨を用意して待っていたんですが、1時を過ぎても来ないのです。約束の時間に1時間半も遅れて現れましたが、運転手役の旦那の話では東京マラソンで環状七号線が通行止めで迂回してきたというのです。TVを点けるとマラソンはとっくに終わっているのに、派出な衣装を着た芸能人がコースをぶらぶら歩いているのを映しているではありませんか。番組表を見ると、主催の読売テレビは朝の8時から夕方の4時半まで東京マラソンを放映していました。スポーツの名前なら何でも許されるという態度は全く許せない。(昼メシ待たされたから怒りも大きい…苦笑)
 また、オリンピックに話題を戻しますが…。ちょっと大騒ぎし過ぎると思いませんか。僕はオリンピックのアマチュアリズムは、とっくに消し飛んでいるように思えてなりません。某国では入賞者に莫大な報奨金を出しているといいますし、日常生活で国家や企業の被護を受けている選手はザラです。クーベルタンの唱えたオリンピック精神など既に名目化し、選手の殆どはプロ集団なのです。熱狂的な応援合戦を見ていると、とても“平和の祭典”とは思えません。むしろオリンピックが危険なナショナリズムを助長しているのではないかという不安さえ覚えます。

 美智代夫婦を送ってゲスト用の駐車場まで出ると既に薄暮、雨は上がっていました。ひんやりとした大気の中を、二つ三つ綿虫が飛んでいました。これはワタアブラムシ科の昆虫で、白い綿状のものを分泌するのでこの名があります。また、この虫が飛ぶと雪が近いという俗説から雪虫とか雪蛍とも呼ばれます。今週は名残雪が降るかもしれませんね。

   風ふけば
   風に消え
   雪くれば
   雪に紛れて
   如月尽の雪ほたる

   血に染みし
   ナイフのように
   花摘む指濡れて
   きさらぎは
   いま逝かんとす

スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 20:25 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター