FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

白馬から タダイマ!

        ザゼンソウ  ミズバショウ
 
 時ならぬ雪に追い立てられるように、白馬から戻りました。白馬一帯は例年になく残雪が深く、吹き溜まりでは1㍍を超えるほど。特に15日は前夜半から雪が降り出し、標高1200㍍のヒュッテ付近では零下3℃を記録しました。
 
①コピー ~ はく甲斐駒 ② ③ ④はく小蓮華、乗鞍⑤はく五竜、唐松 武田菱

 往路は絶好の天気で、高速道の最高地点 富士見SA付近では右手に八ヶ岳連峰、正面に北アルプス、左手に南アルプスと180度のパノラマを堪能できました。何度も通ったみちですが、あんな経験は初めてです。白馬村に入ると五竜岳の正面に、くっきりと武田氏の紋・四つ割菱が見えていました。
  (写真:上段左から南アルプス連峰の鳳凰三山と甲斐駒ケ岳及び八ヶ岳連峰) (中段左から北アルプスの針の木岳、蓮華岳、爺ケ岳、鹿島槍ヶ岳及び小蓮華山、白馬乗鞍岳)(下段左から五竜岳、唐松岳及び五竜正面に見えた武田菱の雪形)

                 にほめ

◇夢の山小屋

 宿は、いつもの「にほめの一歩」。オーナーの渡辺浩平さんに言わせると“夢の山小屋”だそうです。絢爛豪華に非ず、瀟洒に非ず、かと言ってボロに非ず。雰囲気を筆舌で表し難いです。浩平さんは口が悪い。「名人の淹れたコーヒー飲みたいか?」てな具合。顔も悪い。でも男より女性客が多いのは、自然に関する知識が深いからでしょう、きっと。小屋の裏は唐松と赤松の林で、今だとミズバショウが咲いています。
  アカゲラ アオゲラ コゲラ

  アトリ ウソ1 リス

 小屋の周りに餌台が置いてあるので、上のような野鳥が見られます。リスも現れます。夜になれば裏の林からフクロウが呼びかけます。
 (写真上段:左からアカゲラ、アオゲラ、コゲラ 中段左からアトリ、ウソ、イカル 下段左からシメ、シジュウカラ、リス)

              コピー ~ 湧水


◇姫川の源流

   北には青い海がある
   姫川は山の憂鬱を
   日本海へ吐き出している
 
 “郷愁の詩人”田中冬二の詩が好きで、白馬へ来るたびに姫川の源流に寄ります。姫川は白馬山麓の佐野坂を源流とし、標高2000㍍を超える白馬連峰の伏流水を源とする平川、松川などの支流を集めながらフォッサマグマ(糸魚川・静岡構造線)に沿って南から北へほぼ一直線に流れ、糸魚川で日本海に注ぎます。古事記には糸魚川市付近を治めていた豪族の娘、奴奈川姫(ぬなかわひめ)に大国主命が出雲から求婚しに来たという神話が残されており、この奴奈川姫が姫川の名の由来とされています。
                (写真:姫川の源流地点)

       ふくじゅそう 雪の源流

◇親海湿原(およみしつげん)

 姫川源流から歩いて10分ほどの処に親海湿原があります。1000㍍近い標高にもかかわらず、例年なら高山帯に生育するホロムイソウなどの珍しい湿原植物が見られます。しかし今年は全面が深い雪に覆われ、立ち入ることさえできません(写真左)。来月になればミツガシワの群落が見られるでしょう(写真右)。
  ホロムイソウ カキツバタ サワオグルマ サワギキョウ
 
6月になればカキツバタ・サワオグルマ・サギスゲ、7月はコオニユリ・サワギキョウ・コバギボウシ・ドクゼリなどが湿原を彩ります。その頃に、また訪れることにします。
     (写真:左からホロムイソウ、カキツバタ、サワオグルマ、サワギキョウ)

     ヤマセミ    コブシ


◇犀川上流へ
 
翌日は信濃川の支流、犀川上流を訪ねました。信州の民謡「安曇節」の一節に ♪槍で別れた梓と高瀬 めぐり逢うのが押野崎♪ とあるように、槍ヶ岳山頂から南に流れる梓川は途中で良井川が合流して犀川になり、更に高瀬川と合流して千曲川となり、新潟県に入って信濃川となり日本海に注ぎます。
 此処を訪ねたのは、ヒュッテのオーナー浩平さんが「ヤマセミがみられるかもしれない」と言ったから。ヤマセミは長い間追い続けている鳥で、昨年も南アルプスまで出かけましたが鳴き声しか聞けませんでした。浩平さんの案内でダム湖の周辺を2時間ほど探した結果、ダムを横切る姿を1枚だけ撮ることができました。山桜の蕾は未だ硬かったですが、渓谷に差し出た辛夷の蕾は綻びかけていました。
           (写真:左からヤマセミ、辛夷の蕾)

    唐松岳遠望   ヤドリギ

    ジンジャーマン d3b6261b.jpg f3760c5a.jpg

 帰途、大峰高原へ。ガスで霞んでいたが唐松岳、天狗平、不帰の嶮の遠望が見事でした。
 モズ、ジョウビタキ、ハクセキレイなどの野鳥を見ましたが、思いがけなくベニマシコに逢えたのがいちばんの収穫。20㍍を超える栗の木に、デコレーションのようにヤドリギが寄生していました。秋なると赤い実を狙ってたくさんのヒレンジャクがやって来るd(ょう。
 高原近くのレストラン「ジンジャーマン」で晩い昼食。店内に古い民俗楽器を飾った不思議な雰囲気の店。浩平さんの先輩のみせだという。焼きカレーの味が絶品でした。
  (写真:上段左から唐松岳の遠望、栗の木に寄生したヤドリギ、下段はジンジャーマンと焼きカレー)

 2010_0413_131305-DSC_0133.jpg 2010_0413_133725-DSC_0153.jpg 2010_0413_131947-DSC_0136.jpg
 
◇塩の道(千国古道)
 千国街道の地蔵峠に行ってみました。オクチョウジザクラ、ミスミソウ、イワハタザオなどの珍しい花を見るためです。
 日本各地には、海と山を結ぶ道がたくさんあります。これらは海岸部から塩を運んだことから「塩の道」と称されました。その中で最も古く長い塩の道が、日本海沿岸の糸魚川から御前に達する総行程350㌖kの「塩の道」です。 古代には、この道はヒスイや黒曜石も運んでいました。このうち越後の糸魚川から信州、松本までのおよそ120㌖の道は「塩の道・千国街道」と呼ばれています。日本海から直ぐに急坂となるこの道は,北アルプスを越える峻険な道です。それには千国越え、石坂越えなど六つのルートがありましたが、最も峻険な道は地蔵峠越えのルートで、地元では大峠と呼び、戦国時代は武田・上杉の合戦にまつわる歴史の道でもありました。地蔵峠の頂は千国街道の最高地点で、標高1215㍍あります。


オクチョウジザクラ
ミスミソウ ニリンソウ1 イワハタザオ

 急坂を登りながら双眼鏡で探すと、上の方に霞のように咲いているオクチョウジザクラを見つけました。しかし、そこまで辿り着くのがたいへん。ジグザグの急坂を登り、更に道の無い崖を登って、やっと花に辿り着くのです。このように苦労はしましたが、チョウジザクラの他にミスミソウ(一名 雪割草)、イワハタザオなどを撮ることができました。チョウジザクラの名前は萼筒が長く、花を「丁」の字に見たてたもの。ミスミソウは葉が三角形をしているから。イワハタザオは茎が旗竿に似て、岩場に生える草だから。
(写真:上段はオクチョウジザクラ、下段は左からミスミソウ、ニリンソウ、イワハタザオ)

片倉館 かたくらふ

◇高遠は断念

   何をせよとや ふたたびの春の雪(杜)

 上諏訪温泉 片倉館で旅の疲れを癒す。ここは昭和2年にシルクエンペラーといわれた片倉兼太郎が欧米並の文化交流施設をと建設したもので、美術館、大浴場が併設されている。特に千人風呂と呼ばれる大浴場が有名で、深さ1.1m。浴槽底には玉砂利が敷かれ、程よい刺激を足の裏に与える仕組みになっている。上諏訪で一泊して、高遠のコヒガンザクラをを訪ねることにする。ところが翌朝は、またも大雪。これでは とても杖突峠は越えられないと高遠行きを諦め、ひとまず東京へ引き上げました。来週は暫く人間ドック入りですから、雑用を片付けて今週中に高遠を訪ねようかと思っています。桜は、もう散り始めているでしょうが…。
             (写真:左から片倉館、同館の千人風呂)









スポンサーサイト





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 14:37 |  日記 |  comment (4)  |   |  page top ↑
Comments

No title

 お帰りなさい。
なんだかんだといいながら、お元気ですね。
安心しました。

心より感謝申し上げます。

by 勝子 2010/04/21 00:53  URL [ 編集 ]

有難う

 勝子さん、先日は二日間野泊めていただいたうえに
大切なご主人をおかりして有難うね。
 あの辺りは雰囲気が何となく佐久間に似ています。
それに嵩ちゃんのお友だちが良い人ばかりなので、
とても楽しい旅ができました。
 株杉と川連渓谷の奇観、それにギフチョウヤ高山
植物などは、うまく利用すれば村興しの観光資源に
なりますね。また、いきたくなりました。夏には
またお邪魔してもいいかな。今度は勝ちゃんも一緒に
行きましょう。
 嵩ちゃんに、くれぐれも宜しくお伝え下さい。
by 杜詩夫 2010/04/21 06:53  URL [ 編集 ]

No title

こんばんわ!
今日はお店の日でしたので、もうへとへと!やっと元気がでました。杉株の件会長のNさんにどれだけお力添えして頂けるか・・・時期をみてお願いしようと思います。その折には、先生のお力をお貸し下さいね。
夏は、是非お出かけ下さい。
首を長くしてお待ちしております。但し体調第一ですよ。
気温の変動にはくれぐれもご注意ください。お元気で。


  

by 勝子 2010/04/22 00:14  URL [ 編集 ]

No title

 疲れは、すっかり取れましたよ。ブログには書かなかったが
実は白馬に居るあいだ毎夕、温泉に入っていました。岩盤から
直接流出する、文字通り掛け流しです。その代り脱衣場なんか
無くて、頭から雪を浴びながらの入浴でした。

 夏にはお邪魔します。それまでに株杉の放映が決まるといいね。
崇ちゃんに、よろしく。
by 杜詩夫 2010/04/22 14:45  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。