FC2ブログ
 

 SINGIN' IN THE RAIN   

                DSC01577-1.jpg

 久し振りに鶴舞C.Cでプレイ。今月はじめ同C.Cで行われた女子プロの「サイバーエージェントレディストーナメント」をTV観戦しているうちに急に行きたくなった。メンバーの望月先生に電話すると早速ОK。ご本業は公認会計士だが、最近は実務を若い連中に任せて自分は最終的なチェックだけ。つまり普段は遊んでばかりいる(ようです)。70歳近くなると、こうゆう連中はゴロゴロいるからメンバーを揃えるのに事欠かない。後輩の弁護士Gもゴロゴロ組の一人だが、電話すると「ウイークデーですかぁ…、それに雨が降りますよよぉ」と、一応は気の無い返事。「何を言ってるんだ。若い連中に任せた方がクライエントも喜ぶぞ」と強引に誘う。残る一人は、奥さんと一緒に家事の世話をして貰っている小塩君。彼なら地理に詳しいし、運転の腕も確かだ。若いだけにテイ・ショットでいつも私を2、30ヤードほどオーバー・ドライブするのが気に食わないが…。

                  golf_ph_05.jpg

 7時に小塩君が迎えに来る。首都高速から東関道に入るが、道は意外に空いている。9時前に現地に着くと、既に望月さんもGも来ていて、喫茶室でコーヒーを飲んでいた。二人は旧知で、これまでも何度か一緒にプレイしたことがある。スタートまで時間があるので、我々はレンジでドライバーの練習。

 
 鶴舞C.Cは名匠井上誠一の晩年近くの傑作と言われるコース。全体に競技性を追求したつくりになっており、メンバーの望月さんの解説によると、今回は女子プロのメジャー大会直後だけにラフも長く伸ばしたままで、アマチュアにはかなり難しい。特に残り130ヤード前後に多くのトラップを仕掛けてあり、残り140ヤード前後を残すように刻むか一発勝負でトラップ越えを狙うかの判断が難しいという。おまけに、スタート時は霧雨程度だった雨がだんだん本降りになってきた。不安で暗くなりそうな気持ちを救ってくれたのが、若いキャデイさん。モデルさんみたいに綺麗で、コースの説明も的確だ。気だてが良く、ラフや林に打ち込んだボールを探して右に左に走り回ってくれた。

                 glf1005011807016-n1.jpg
     (写真は横峯さくらがチップインバーデイを取った瞬間。鶴舞C.C提供)

プレイの内容は、敢て詳述しない。キャデーさんから女子プロのプレイぶりを聞きながら、楽しく一日を過ごした。ハイライトだけを紹介すると…、例えば8番のロングホールでは、キャデイさんが「ここは横峯さくらちゃんが、残り75ヤードをサンドウエッジで直接カップへ入れるイーグルをとった所ですよ」といった具合。張り切ったフォーサムの結果はWボギーが最高で、一人はOBという始末。15番ショートホールは池にガードされた140ヤードの打ち下ろし。水連の浮いた池を望むビュウが美しく、一見するとサービスホールに見える。「女子プロは9番くらいで打ってましたよ」とキャデイさんが言う。プロのテイ位置は10ヤードほど後ろ、それではと7番で打つと見事に池ポチャ。他の3人は何番を使ったか判らないが、次々に鯉の餌遣りショット。でも、キャデーさんはクククと笑ったあと「はい、元気出して前から打ち直しましょうね」と優しく励ましてくれた。まあ、全ホールが、こんな具合であった。

メンバーの望月先生のバースデー月ということで、昼食はヴィジターも含めて無料。おまけに生ハムとグラス・ワインまでついてきた。倶楽部も競争が激しくて、最近はいろいろなサーブスを考えている。
 私はハーフを回ったところでシューズがびしょ濡れ。乾燥室もあるが、だいぶ古くなっていたのでショップで新調する。いつも靴紐が解けて苦労するが、これは紐無しで踵部分のボタンを回すとワイヤーが締まって足にフィットするようになっている。快的だ。しかし午後のスコアは午前中より更に悪かった。やはり、ゴルフは道具ではないようだ。
 早く終わったので、車で45分ほどの勝浦に出て食事。土産は新鮮な鰹と筍。ゴルフの腕と口は悪いが、これはお互いさま。雨には祟られたけど気のいい友人と過ごせて、まあ、楽しい一日でした。昨夜は『SINGIN' IN THE RAIN』を聞きながら、ぐっすり寝ましたよ。





スポンサーサイト








※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 08:55 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター