スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

久しぶりの短歌会

 古い友人吉野慧さんのお誘いで、彼女の主宰する埴生短歌会に顔を出す。彼女は「形成」時代の友人で、今春蓼科で開かれた全国詩人会議で、偶然に三十年ぶりの再会を果たした。私は、木俣修主宰が亡くなられたのを機に短歌とは訣別状態にある。その後「波濤」を刊行して「形成」の同人たちをお世話して下さった大西民子さんも亡くなられ、千葉で「泰山木」を主宰していた同世代の小野興二郎君も数年前に逝ってしまった。そんなわけで今さら短歌の歌会に出るつもりは無かったが、再三のお誘いを黙止し難く出席する羽目となった。
 今日の出席者は27名。ウイークデーということもあって主婦が多かったが、学生の参加もあってなかなかの活気。その雰囲気に誘われ、最初は選だけと思っていたが挨拶代わりに5月2日のメーデー(写真)を詠んだ作品を参考出詠する。

   脱落の位置とも思ふ 陽を避けて 楡の葉蔭にデモを見送る(杜詩夫)

  私の特選は、以下の五首。二番目、三番目の作品は吉野さんと重複選だった。

   レスポンス数多(あまた)届きて驚きぬ病む父扶け農継ぐ吾に

   草萌える古墳の丘を巡りきて心豊かにブログを記す

   筑紫への道は遥けし防人の歌碑建つ丘に欅萌え初む

   朗らかな声の絶えたり幾たりか女性パートら辞めし工場

   木末(こぬれ)には目白ゐるらし山茶花の花弁(ビラ)あまた参道に散る
スポンサーサイト





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 23:10 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。