スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

百歳の句集

   2010_0802_195915-DSC_0475.jpg  2010_0802_200703-DSC_0479.jpg

   顔中の皺喜んでゐる 初鏡
   百年の旅の一こま 初の夢
   つつましく生きて今あり 花八つ手
   憂きことも嬉しきことも 年終わる
   今聞いた言の葉忘れ そぞろ寒
   秋愁や 長寿めでたしと 云はれても
   ほろ苦き 来し方ありき 土筆摘む
   亡き夫の遺影淋しく 春の雨

 夕がた玄関に下りてみると、ポストに大型の封筒が入っていた。中身は美しい装丁の句集『初鏡』だった。著者は岸原猷子さん。お嬢さんの正子さんの手紙が添えられていた。それによると、この5月27日で満百歳を迎えた母のために、4人の娘が話し合って上梓されたという。上掲の句は、恵贈された句集からの抜粋である。(写真:句集『初鏡』。右端は著者手製のちぎり絵の栞)
                    
岸原さん

 猷子さんとは地元の句会で、猷子さん、正子さんとはお茶の会でご一緒した御縁で親しくしていただいている。時どきに明石産小女子の釘煮などに一句を添えて、ポストに入れて下さる。猷子さんは、ご両親が牧水の『創作』の同人というご家庭で育っただけに俳句のほかにエッセイなどを市の広報紙に投稿されている。また絵画、ちぎり絵、書などを嗜まれ、戴いた句集にもお手製のちぎり絵の栞が添えられていた。最近は異常な暑さで外出を控えておられるようだが、昨年まではゲートボールなどもなさっていたようだ。更に矍鑠たる人生を歩まれることを祈って乾杯! (写真:岸原猷子さん)

   朝涼や百壽記念の句集賜(た)ぶ(杜詩夫)

                   
スポンサーサイト





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 22:19 |  日記 |  comment (2)  |   |  page top ↑
Comments

感動しました

 先生が以前、僕のガールフレンドとおっしゃっていた
方ですね。品格とユーモアのある作品を拝見して、これが
百歳の方の作かと感動致しました。
 私が岸原さんの齢になるまでに、未だ50年以上あります。
ちょっと希望が湧いてきました。これからも、ご指導を宜しく
お願いします。
by 塩澤あゆこ 2010/08/02 23:37  URL [ 編集 ]

拝復

 あゆこさん 毎日暑いけど、お変わりありませんか。

 岸原さんは4人のお子さんが娘さんばかりですから、
息子みたいに思ってくださったのでしょうね。家も
近いので、いろいろお世話になっています。

 今夏はスクーリングを中止したのでお会いできませんが、
秋には有志だけでも集まる機会をつくりたいと思います。
by 杜詩夫 2010/08/03 07:35  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。