スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

妻と娘

               CFSSO714011205ex[1]

 妻が逝って9年になる。28日の祥月命日には、彼女が好きだったスイトピーを携えて墓に詣でた。いつもは墓の管理をお願いしている石材店で求めるのだが、季節の花しか置いてない。今日だけはと、街の花屋に頼んでスイトピーを取り寄せてもらった。
 嫁いでいる娘、真理芽から電話があれば一緒にと思ったが、お昼を過ぎても連絡が無いので独りで行く。25日に彼岸の墓参を済ませているので行かなくてもいいと、思っているのだろう。尤もである。こういう合理主義は、私のDNAを受け継いでいるのであろう。

                コピー ~ ライブ
 
妻も、これで満足していると思う。一人娘を嫁に出すに当たって、私は孫の一人に村瀬の姓を継がせるという条件を付けようとした。妻は言下に、「それは駄目よ」と反対した。これまで我儘な私に唯々として従ってきた妻が、初めて見せた毅然とした態度だった。真理芽には真理芽の人生がある。これからどんな苦労が待っているかもしれないのに、親が足を引っ張るような重しを付けてどうするの―私に反論を許さぬ気迫に満ちていた。

 初めての孫が生まれたとき、妻は自分たちを「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばせなかった。妻は「おじいちゃん、おばあちゃんが二組もいたら、孫がマゴつくでしょ」と笑っていたが、真意は嫁ぎ先のご両親への配慮だったのだろう。それ以来、私たちは頭の部分を省略した「い~ちゃん」、「あ~ちゃん」と呼ばれることになった。

 病が篤くなってもう筆談しかできなくなったころ、「ごめんなさい」で始まる一枚のメモを渡された。そこには真理芽にかなりのお金を渡したと、乱れた文字で記されていた。私は即座に指でマルをつくり、OKのサインを返し
た。妻は嬉しそうに頷いた。

 妻が逝って9年、彼女の意を汲んで娘と孫に対しては即かず離れずの距離を保つように心掛けてきた。だが、頑固で我儘な本性はどうしようもない。いくら努力しても、とても彼女には及ばない。この日も墓に向かって、「これでいいのかなぁ」と尋ねたことであった。

 募域の片隅に彼岸花が咲いていた。私が彼岸へ渡れるのはいつになるだろうか。
  
   妻の忌や今年は淡し彼岸花(杜詩夫)

                   
スポンサーサイト





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 00:58 |  日記 |  comment (6)  |   |  page top ↑
Comments

再開でSずか

  こんにちは。今日、ムシがしらせたのか「杜の小径」を
お訪ねするとブログが掲載されていました。とてむ嬉しく
なりました。再開して下さったのですか。どうか、このまま
続けて下さいね。
by 藤森由布子 2010/10/01 12:21  URL [ 編集 ]

拝復

 由布子さん、レスを有難う。東京は27日の台風以来
一挙に涼しくなりました。諏訪は寒いくらいでしょうね。

 再開というわけではありません。閉鎖後も多くの方が
訪ねて下さるので、ちょっと窓を開けてご挨拶しよう…
そんな気持ちなんです。

by 杜詩夫 2010/10/02 02:08  URL [ 編集 ]

No title

 私も虫の知らせかしら!
懐かしく拝読させていただきました。時々お書きください。ダメ?この間はお手数をお掛けいたしました。大安日に飾るつもりです。
(生せんべいの件) 
 
少し体調を崩し点滴のお世話になりました。明日が仕事はじめ、歌舞伎です。目の保養をさせていただきます。だって皆さん財布の紐をガッチリ締めていますからね。お体くれぐれもご自愛下さい。タカチャンが宜しくとの言です。

by 勝子 2010/10/02 22:44  URL [ 編集 ]

No title

勝子さん、秋を跳び越して、まるで初冬のような昨今ですね。
体調を崩したとか、心配しています。若いからといって? 
油断をしては駄目だよ。

昨日が初日でしたか。昼席では、ご当地ものの「旭輝黄金鯱」の
菊五郎の柿木金助、「潮汲」の時蔵がいいだろうね。夜の部では、
白拍子(時蔵)、政岡(藤十郎)「座禅」の菊五郎が見たいねぇ。
 崇ちゃんに宜しくお伝え下さい。
by 杜詩夫 2010/10/03 03:29  URL [ 編集 ]

Re: ご無沙汰してます

> いつも温かいお言葉ありがとうございます。
> 先日は田舎から突然ハガキを送ってすみません。
> もう父がいないなんて、田舎の家に何日いても信じられない私です…
>
> 連れ添った相手を亡くす。というところは
> 今だわからない私ですが
> 父がいないと
> (うちの父は我が儘で無鉄砲で散々母に迷惑かけた人でしたが
> 私たち娘には優しくて自分の好きなことをして笑っててくれた大好きな人でした)
> 毎日が苦しくてつらいことはわかります。
> 無理にではなくとも、
> 村瀬さまが自分の好きなことをして笑っててくれたら
> それだけで娘は嬉しいのです。
> どこの娘であろうと、自分の父は結局理想の異性だったな。と思います。
>
>
> ブログに毎日書き込まれなくとも、
> 娘のように慕う我々に、時々元気な姿をお見せくださいませ
>
>
> 追伸・田舎暮らしの間に、我が旦那さまは登山に目覚め
> (子供の頃、父親に連れられ穂高や富士山の中腹に登ってたそうで)
> 「いつか屋久島制覇!」が最近の酔ったときの口癖です(笑)
> 村瀬さまからの「素人への助言」お待ちしてます~
>
>
> ではでは、お彼岸過ぎて寒くなってきました
> お身体大切に。
> いつか屋久島もご一緒してください!
by 杜詩夫 2010/10/04 14:17  URL [ 編集 ]

お久しぶりです

 淑子さま、お久しぶりです。
 
 先日は、屋久島名産の焼酎を有難うございました。
みんが「やはり本場物は違う」と喜んでいましたよ。

 昨日は孫の誕生日でささやかな料理を作ってやったら
娘と一緒に取りにきました。口でごたごた言っても、これが
男親の本音かと自分で苦笑いです。

 ご主人、山に目覚めたの? いいねぇ、いつか屋久島の
ガイドをお願いしようかな。宜しくお伝え下さいね。
by 杜詩夫 2010/10/04 15:06  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。