スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

初釜

               2011_0112_124235-DSC_0495.jpg
              
 
   初釜の一扇固く帯に挿し(杜詩夫)

   2011_0112_114626-DSC_0476.jpg  2011_0112_120629-DSC_0477.jpg

   2011_0112_122712-DSC_0491.jpg  A18001_I2[1] A18001_I3[1]

                imageCADXWZ8E.jpg

 昨年は脚を悪くして正坐できないので茶会を殆ど欠席したが、初釜だけはと達てのお誘いを戴き出席することにした。午後に国分寺で会食するというので、会場は市の南センターの茶室。藤井宗富宗匠から歌会始のお題「葉」の透かしの入った年賀の懐紙を戴く。掛軸は大徳寺管長の「松無古今色」、主菓子は初釜に合わせて「花びら餅」が用意されていた。
 これは正式には菱葩餅(ひしはなびらもち)と謂い、ごぼうと白味噌餡をピンク色の餅で包んだ和菓子である。平安時代の新年の宮中行事「歯固めの儀式」を簡略化したもので、600年にわたり宮中に伝わるお節料理を模したものという。

 茶会の様式も、今日は特別に「濃普」。普通の茶会は一椀ずつの「お薄」だが、濃茶では一椀の茶を回し飲む。茶葉も上等の物を使い、量も多い。薄茶は点てると言うが濃茶では練ると言う通り時間を掛けて練り上げる。従って数人で飲み終わったあと椀底に残った滓で薄茶が一服点てられると言われるほど濃い。椀底に袱紗を当てて飲むなど、作法も独特である。

   image[3]   a68f47151dbe1028d33689b22c46540f[1]
スポンサーサイト





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 01:26 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。