スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ウォーキング随想―いざ言問わん都鳥

              野川公園

 久しぶりに、大きく美しい月を見た。正確な月齢は判らないが、望月に近い。きのうは前夜遅くまでにサッカーの中継を観ていたため寝坊して、sタートが1時間ほど遅れてしまった。たぶん月は出ていたであろうが、野川河畔はやゝ低くなっているので午前5時を過ぎると、月は武蔵段丘に隠れて見えなってしまう。その代わり、野川に集う野鳥たちは具に観察できる。普段は時どき聞こえるけたたましい鳴き声デカルガモなどがいることは判るが、暁闇の中では姿は観ることができない。この辺りは野川も源流に近く、水源は湧水いに限られるから厳冬期出も凍結することが無い。水中の餌を獲りやすいし、猫などの天敵に襲われる危険も少ない。だから野鳥が集まるのであろう。

 ここに越してきた当初、幅数㍍の小さな川が一級河川杜いうので驚いた。土地の人に事情を聞くと、昔はたいへんな暴れ川で雨季には沿岸の農地がたびたび冠水したので、維持・管理を国が所管する一級河川にしていされたのだという。野川の最大の水源は、現在は日立製作所中央研究所になっている処である。現在も庭園の大池には毎分1万㍑の湧水が流れ込んでいるそうで、昔は国分寺村恋ヶ窪と呼ばれる湧水湿地帯であった。他の水源も自然のままに放置されていたので、雨季になると生活排水も併せて大きな水害を齎したようだ。

    日立   真姿の池

    殿ヶ谷戸庭園   貫井神社湧水

    滄浪泉園の池   野川公園の湧水

 この付近の主な湧水は前記の日立研究所の大池(写真上左)、国分寺真姿池(同右)、殿ヶ谷戸庭園(写真中左)貫井神社弁天洞(同右)、滄浪泉園(写真下左)、野川公園湧水(同右)などだが、いずれも誘水路が整備されている。

    imageCA5LT1U5.jpg   imageCAAFY0WQ.jpg

 汚水が入らないから湧水の流れ込み口には野生のクレソンが茂り、夏にはザリガニ、クチボソ、フナなどを獲る子どもたちの格好の遊び場となっている。市営水道の80%は湧水を汲み上げており、夏でも冷たい水を飲むことができる。

              16895191[1]

 前置きが長くなってしまったが、昨日はユリカモメを目撃した。初めは信じられなかったが、冬毛の白い頭、褐色の頸、赤い嘴と脚は間違いなくユリカモメだった。野川は野鳥のサンクチュアリもあるほどで、都内から野鳥観察に来る人も多いが、ユリカモメは初めて観た。この鳥は別名を都鳥と言い、海鳥である。在原業平が武蔵を旅した折、今の隅田川の畔で美しい鳥が群れているのを見掛けて名を尋ねた。お付きの者が都鳥と答えると、「名にし負はば いざ言問はむ都鳥 我が思ふ人は ありやなしやと」と詠んだ。都鳥というからには都のことには詳しいであろう。では聞くが、私が思い焦がれている方は今もご健在だろうかという意味である。この伝承から浅草待乳山から隅田公園に至る橋には言問橋という名が付けられたという。(閑話休題)
 
 そこで、ユリカモメに聞いてみた。「いざ、言問わんユリカモメ、おまえはカモメの仲間なのに、どうして海から遠い こんな処に棲んでいるんだ?」と。するとユリカモメ曰く。「棲んではいませんよ。わたし、東京湾から毎日通勤してるんです」だって…。まあ、これは冗談だが、通勤はまんざら嘘ではないらしい。野鳥に詳しい友人に電話したら、「野川にユリカモメがいても不思議じゃあないですよ。井の頭公園には毎日数十羽の群れが来てますよ。みんな東京湾から通勤です。ゆりかもめ線お台場海浜公園駅から中央線吉祥寺駅までの定期券持ってますよ」…もちろん、後半は嘘です。だが、朝早く東京湾を飛び立って、夕方日没前に帰って行くらしい。井の頭公園では餌をやる人もいるらしく、年々飛来数が増えているという。

 
スポンサーサイト





※ スパム対策の為、暫くの間コメントは承認制にさせていただいております。
  コメントを頂いてから表示までにお時間をいただく場合がございますが、
  何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。(管理人)

by 杜の小径  at 15:56 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杜の小径

Author:杜の小径

杜のMENU
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。